2018/03/21

「前議長と新人女性議員に聞く~福岡市の議会改革”最前線”」

今月31日、福岡市議会改革市民検証委員会主催のシンポジウム「前議長と新人女性議員に聞く~福岡市の議会改革”最前線”」が福岡市内で開催されます。おばた前議長(自民党)と森議員(緑と市民ネットワークの会)を招き、同会が行った「議会改革に関する議員公開アンケート」をもとに、福岡市の議会改革がどこまで進んでいるのか、話を聞くものです。

シンポジウムでは、議会改革調査特別委員会で棚上げされている「常任委員会のインターネット中継」や「議事録への発言者名記載」について、また委員会で審議中の「議会基本条例」について議論されます。自民党議員、しかも前議長が参加される絶好のチャンスです。ぜひ、皆さんもシンポジウムに参加して、いろいろと質問してみませんか。 

※詳しくは、下のチラシをご覧下さい。



     シンポチラシ2





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。