FC2ブログ
2018/08/29

【続報】2018年9月1日シンポジウム「市民と議員の集い~実のある議会基本条例とは」5会派出席決定!

明後日、開催のシンポジウム「市民と議員の集い~実のある議会基本条例とは」の続報です。

福岡市議会改革市民検証委員会では、その後も福岡市議会の各会派に粘り強く、シンポジウムの出席をお願いしていましたが、ついに5会派の出席が決定しました。これは大きな前進であり、議論を期待したいと思います。

シンポジウム出席は、おばた久弥議員(自民党)、太田英二議員(福岡市民クラブ)、綿貫英彦議員(共産党)、天野こう議員(みらい・無所属の会)、森あやこ議員(緑と市民ネットワークの会)、以上5名の方々です。

直接、議員の方々と対話できる絶好の機会です。ぜひ、市民の皆様、ご参加下さい!
詳しくは、下のチラシをご覧下さい。

なお、昨日は記者会見を行いましたが、今朝の西日本新聞朝刊にその内容が掲載されました。

nishinihon2018830.jpg
(西日本新聞8月30日朝刊23面)



市民と議員の集い(818)


スポンサーサイト
2018/08/18

2018年9月1日・シンポジウム「市民のための議会改革を考える 市民と議員の集い~実のある議会基本条例とは」

<福岡市議会改革市民検証委員会からのお知らせです>

福岡市議会市民検証委員会は、9月1日(土)、シンポジウム「市民と議員の集い」を開催します。現在、福岡市議会では、議会基本条例について議論がなされていますが、会派ごとに温度差があり、先行きが見えない状況です。そこで、シンポジウムでは、市民と議員が議会基本条例について議論し、市民のための議会改革を考えます。議会基本条例の必要性や重要性を共有することで、市議会での議論が進み、実のある議会基本条例が制定されることを期待するものです。

検証委員会では、全会派と無所属議員にシンポジウムの出席依頼をしてきました。今のところ、自民党、みらい・無所属の会、共産党福岡市議団、緑と市民ネットワークの会の出席が決定しています。一方、まだ出席を決めていない会派もあり、現在、交渉をしているところです。

まだまだ残暑が続いている中ですが、この機会に議員さんと議論してみませんか。市民の皆様のご参加をお待ちしています。

詳しくは、こちらのチラシをご覧下さい。

市民と議員の集い(818)