FC2ブログ
2018/09/29

9月1日・シンポジウム「市民のための議会改革を考える  ~市民と議員の集い~実のある議会基本条例とは」報告

<福岡市議会改革市民検証委員会よりお知らせです>

9月1日のシンポジウム「市民のための議会改革を考える~市民と議員の集い~実のある議会基本条例とは」について、ご報告します。

当日の参加者は46名(議員5名含む)と少し寂しい状態でしたが、内容はとても充実したものとなりました。参加された議員の皆さんには、議会基本条例についてだけでなく、自由に発言をしていただきました。その後、会場からは多くの質問が出ましたが、議員の皆さんは、それらの質問に真摯に向き合い、市民との直接対話にも熱が入りました。

シンポジウム終了後、市民の皆様からいただいたアンケートには、市民と議員のよい交流の機会になったとの感想を多くいただきました。同時に、議会基本条例を制定するためには、このような対話の場をもっと増やす必要があるとの意見もありました。

議会基本条例制定については、議員さんの中で多少意見の違いはありましたが、制定に反対するような意見ではなく、制定へ向けての課題について議論されました。今後は市民のレベルアップが必要になってきます。そのためにも、もっと多くの市民の方に参加していただけるよう、市民検証委員会として努力して参ります。(文責:井上)


DSC_00421.jpg
左から森議員、綿貫議員、太田議員、おばた議員、天野議員 (ふくふくプラザ・ホールにて)




スポンサーサイト